学校保健師として働くには

コミュニケーション能力も求められる仕事

派遣看護師として働く

学校保健師というのは、学校の保健室で働くことをいいます。 学校に通っている生徒だけでなく、職員の健康管理なども行わなければならないため、子どもはもちろんのこと、大人へのコミュニケーション能力も求められるでしょう。

注意しなければならないこととして、小中高校の保健室で保健の先生として働きたい場合、養護教諭の資格を取得しておかなければなりません。 看護師の資格のみでは働くことができないので、希望する方は養護教諭資格の取得を検討しておきましょう。

看護師のみの資格で働くことができるのは、大学の保健管理センターや、その分室で働く仕事となり、一般的には各キャンパスに設置されている保健室で働くことになります。

主な仕事内容は、生徒や職員を対象とする健康相談やけが、病気の対応を健康診断の実施などです。 教職員を対象とした業務もたくさん行う形となるため、学校保健に関する知識だけでなく、産業保険や、産業看護に関する知識も身につけていく必要が出てきます。

ただ、だからといって学校保健室で働くためには特別な知識や経験が必要になるというわけではありません。 ほとんどの看護師は未経験から働いているため、実際に仕事をしながら徐々に知識や経験を重ね、スキルアップしていく形になるでしょう。

学校保健室で働きたいと思った場合、求人情報を探すところから始める必要があります。

しかし、病院に比べると求人情報は多くなく、いつごろに求人情報が出るかというのも定かではありません。

というのも、ほとんどの求人は前職者が辞めたタイミングで求人をかけるため、いつ頃に求人が出回るということが分からないのです。

自分1人で求人情報を集めるのは大変なことなので、看護専門の転職支援サイトを利用すると良いでしょう。

転職支援サイトを利用すれば、条件に該当する求人情報が出た際に連絡をもらうことも可能です。

採用されるためのポイントとして、それまでの経験も大切なのですが、人柄も重視される傾向にあります。 経験はそれほど積んでいないという方の場合、人柄のアピールに力を入れると良いでしょう。