派遣看護師として働く

派遣看護師の特徴とは?

派遣看護師として働く

看護師として働くというと正職員として働くことを真っ先に考えるかと思いますが、他にも様々な働き方がありますよね。例えば、パートや非常勤勤務などの働き方も人気があります。

この他に、派遣看護師という働き方を選択している人も多いです。 派遣看護師とは、派遣会社と契約をし、各病院などに派遣される働き方です。どういったメリットがあるかというと、自分に合った職場で働けるという魅力が大きいと言えるでしょう。

派遣会社は、看護師に対してどのような職場で働きたいのかを事前に確認し、病院側にもどういった看護師に来てほしいのかを確認します。

そのうえでお互いの希望が合致した場合に派遣会社から派遣看護師として条件の合った病院に派遣されていく形になるので、看護師と病院側双方の希望を通すことができます。

注意しなければならないこととして、派遣会社で派遣看護師として働く場合、例え病院に派遣されることになったとしても、契約をしているのは派遣会社です。そのため、入社や退職に関する手続きは病院とではなく、派遣会社と行うことになります。

派遣看護師として働く場合、事前に定められた派遣契約期間というものに合わせて働くことになります。 こちらから継続を希望しても企業側から断れれば、その病院では契約更新をすることができません。

また、仕事を始めてすぐに「この職場は合わない」と感じたとしても、契約期間が終了するまでは簡単に辞めることができません。自分に合った職場や仕事を探すために派遣を利用して、いろいろな職場を体験しているという看護師もいます。

自分に合う職場がよくわからなかったものの、派遣で実際に体験したことにより自分のやりたい仕事が見つかったという人もいるようです。

正職員として働くよりも融通が利きやすいという特徴もあるので、ライフスタイルを優先させながら働きたいと思っている人も、自分の希望が通りやすい職場がないか派遣会社に相談をしてみましょう。