看護師と産休

看護師の産休、基礎知識について

看護師と産休

看護師が産休を取ろうと思った場合、早くから準備をしておく必要があります。どれくらい産休を取ることができるかというのは、企業によって違います。生まれてくる赤ちゃんが一人なのか、双子以上なのかによっても取ることができる産休期間が異なるということは知っておいたほうがいいでしょう。

産休について十分に検討して慎重に決めるのもいいのですが、職場に報告をするタイミングはできるだけ早いほうがいいです。

それでもタイミングがよくわからないという場合は、母子手帳をもらったタイミングで報告をしてみてはどうでしょうか。もちろん、報告をしてからすぐに休み始めるというわけではありません。 ですが早めに報告をしておくことによって職場も様々な場面で気を遣ってくれるでしょう。

看護師として働く場合、お腹に負担をかけるような仕事もありますよね。 重い物を持つなどの力仕事を担当している人もいるはずです。 しかし、お腹の赤ちゃんに負担をかけてしまっては大変なので、仕事内容を調整してもらうことも考えたほうがいいです。

妊婦さんの身体の状態をしっかり気遣ってくれる病院の場合、妊娠がわかったあとは夜勤を免除してくれるようなところもあります。実際に産休に入るのはいつからなのかというと、これは予定日の1~2か月前からというケースが多いようです。

産休に入るまでには引継ぎなど細かい作業も行っていかなければならないので、どのように進めればいいかというのは上の人に相談をしましょう。

子育てが落ち着いてきたら復帰について考えることになりますが、これは家族と話し合いながら考えることが大切です。同じ職場に既に出産をした看護師がいる場合は、その時の話を聞いてみるのもいいですね。

働き始めた時には特に恋人がいなかったので結婚や出産について考えていなかったという人もいるかもしれません。

ですが、いざ結婚をすることになった時に子育てのサポートが充実していなかったということになっても簡単に転職をすることはできないので、できれば就職をする際に子育てサポートについても確認しておいたほうがいいでしょう。