看護師の転職理由と動機について

看護師が転職を決意する理由は様々!

看護師の転職理由と動機について

どの仕事でもそうですが、面接では転職をした理由や動機について聞かれることになりますよね。 看護師は、他の職業と比較した際に非常に転職率が高い仕事でもあります。

だからといって、何回も転職をする人ばかりというわけではありません。 あまりに転職回数が多くなってしまうと面接で不利に働いてしまうこともあるので、転職理由や動機についてはよく考えておき、マイナス評価にならないよう注意しておきましょう。

看護師の転職理由の中で特に多いと考えられるのが、仕事内容と人間関係に関する問題です。 看護師といえば、最先端の医療の中で働く仕事ですよね。 当然、仕事は慎重に行わなければなりませんし、それに関するストレスも大きいです。

また、不規則な時間帯で働かなければならないケースも多く、体調を崩してしまう人も珍しくありません。こういったことから今の職場環境についていくことができず、もう少し働きやすい職場を求めて転職を繰り返している人が多いようです。

次に、人間関係に関することも転職理由として挙げられます。 女性だけの職場はドロドロしていると言われがちですが、看護師という仕事もまだまだ女性ばかりの職場です。

こういった人間関係に疲れて職場を離れてしまう人も非常に多いのです。 ただ、こういった理由から前の職場を辞めて転職をするという場合でも、面接の時は前向きな転職理由を答えることができたほうがいいですね。

例えば、自分の看護師としての技術や知識を高めるために転職に踏み切ったと答えたほうが、採用する側の病院や企業からの評価が良いです。 前の職場に対する文句や不満を並べたとしても良い印象を持ってもらうことは難しいわけなので、転職の理由や動機については勤務形態や人間関係のことについて触れないほうが無難です。

特に人間関係に問題があって続けられなかったと転職理由を答えてしまった場合、うちの職場にも合わない人がいたらすぐに辞められてしまうのではないかと思われてしまう可能性が高いと言えるでしょう。